So-net無料ブログ作成
検索選択

宮崎謙介衆院議員 育児休暇をブログで宣言したら非難轟々

宮崎謙介衆院議員(みやざきけんすけ)が育児休暇を取得する事をブログ等で発表したのが、2015年12月末の事です。
世間一般では男性が育休を取る事が許されない風潮なので、それを打破するために非難を覚悟のうえで自ら動いたのでしょう。

しかし予想通り、非難轟々となりました。






ヤフコメで非難轟々


宮崎謙介が育休を取得すると宣言して間もなく、その事がYahoo記事に掲載されました。
コメント欄にはやはりその件について否定的な意見ばかりでした。
  • 国家議員が仕事を休むなんてありえない
  • 有権者に選ばれたのだから、民意を汲み取らなければならないのに休んでいる場合じゃないよ
  • 民間企業の労働者なら分かるが国会議員だろ
  • 税金泥棒
といった、否定的な意見が大部分を占めていた記憶があります。

給与の返納を考えていた


国会議員には育休制度がありません。
(当然産休ならあります)

そして何より育児休暇に関する明確な規定もないのです。
そりゃそうでしょうね。
まさか育児休暇を取得する男性議員が出現する事など、考えられていなかったでしょうから。

なので宮崎謙介衆院議員が育児休暇を取った場合でも、歳費の全額は支給されます。
その事を国民は知ってか知らないかは分かりませんが、とにかく
税金泥棒
と揶揄したのでしょう。

しかし宮崎謙介衆院議員は育児休暇を取った暁には、育児休業給付額を超えた歳費に関しては、返納を考えていたのです。

しかし現行の法律では国庫への返納は法律違反なのです。
なので自身の選挙区以外の福祉団体へ歳費の一部を寄付する事を、2015年末の段階でブログに記載していました。






決して世間知らずではない


宮崎謙介衆院議員が育児休暇を取得するという発表を受けて、多くの人が
  • 世間知らず
  • 一般企業で働いた事の無いボンボンだから、男性が育休を取得する事に対して会社内のアレルギーがどれほど酷いものか知らないのだろう
と思った事でしょう。

しかし宮崎謙介衆院議員は早稲田大学卒業後に日本生命に入社。
そしてその後は起業する等、しっかりと一般社会人として勤め上げているのです。

こういった事を知った人からは、議員でありながら育児休暇を取得する事にもある程度の理解を得られたかもしれません。

大事な時期に不倫をした宮崎謙介衆院議員


しかし嫁さんである金子恵美衆院議員が出産を直前にひかえた大事な時期に、旦那である宮崎謙介衆院議員が不倫をしていた事が発覚しました。
この件については、明日2016年2月10日(水)に発売される週刊文春に掲載される事が判明しました。

本来週刊文春は木曜日発売ですが、2月11日(木)は建国記念日で祝日ですので、1日早まったわけです。

いったい相手が誰なのか、要チェックです。
購入次第、レポートいたします。

宮崎謙介議員は宮沢磨由以外にも多数の女性と並列で色恋沙汰を行っていた事が発覚しました!
宮崎謙介の女性遍歴一覧を見るに婿入りまでする上昇志向の強さがアダとなったのか
も是非ご覧くださいませ。






宮沢磨由 宮崎謙介 関連記事




オススメ記事



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...