So-net無料ブログ作成
検索選択

ベッキー 週刊文春次号が放つ第2弾の全文入手!嫁が全てを語る!

ベッキーがゲスの極み乙女。川谷絵音の実家へ、1月4日に足を運んだところを週刊文春に突撃されました。
そしてその日の夜に、東京にいる川谷の嫁さんにその旨を伝えたのは誰もがご存知でしょう。

ベッキーが謝罪会見を開くほどの大問題となり、北朝鮮の水爆実験が全く話題にならない位の騒動となったのです。

そして次号、つまり1月14日の「週刊文春1月21日号」で、さらなる衝撃の事実となる第2弾があると発表されました。
早速購入しましたので、衝撃の第二弾の内容をお知らせしたいと思います。






週刊文春が川谷絵音の嫁に再度会う


再度週刊文春が、東京にいる川谷の嫁さんへ直撃したところ、胸のつかえをぶつける様に記者さんに質問してきたのです。

結婚していないとか、私の事は友達だとか、本当に夫がその様な事を言ったのでしょうか?
週刊文春さんが来られた直後、彼にLINEで「取材が来た」と連絡すると、少しして電話がありました。
「俺にも来た。何を聞かれたか全然覚えていない」
長崎の2人の写真を見せられた事と伝えると、彼は黙ったまま。
「彼女(ベッキー)はいるの?」と訊くと「いる」
「実家に泊まるの?」と訊くと「泊まらない」

2人で長崎帰省はキャンセルに


今年の正月は、川谷と嫁の2人は初めて川谷の実家へ里帰りをする予定だったのです。
この発言から、私がアップした記事
川谷絵音 嫁と離婚は決定的!結婚したのを両親さえも知らなかったとは!
で記述した通り、結婚したのを両親が知らなかったというのは本当なのでしょう。

そのために嫁さん(以降A子さん)は、相当早くから2人分の飛行機チケットを予約していたのです。
しかしベッキーが川谷の前に現れて以降、急激に夫婦仲が悪化し、帰省の話は消滅してしまったのです。

ところが大晦日になって、川谷から急に
「飛行機のチケットはどこ?」
と連絡がありました。

A子さんの分はキャンセルしておいたので、川谷の分の予約番号を伝えました。
「まさから誰かと帰るんじゃないよね?」
とLINEしたのですが、返事はありませんでした。

この頃には既に離婚を切り出されており、また、ベッキーの存在はA子さんも重々ご存知だったので当然疑うでしょう。

そして川谷とベッキーとの長崎旅行がスクープされ、ベッキーの謝罪会見が行われる流れになるのです。
あの日(会見日)は私の誕生日だったんです。

川谷とA子さんのなれそめ


インディーズ時代に知り合ったと報じられましたが、さらに詳しく語ってくれました。

ゲスの極みよりも早く立ち上げた「indigo la End」と、
A子さんの友達のバンドが一緒にライブをやった時に、知り合ったのです。
これも上記別記事にて記述しました。

川谷は東京農工大の大学院を休学中で、A子さんは就職上京したばかり。
お互い23歳になる時ですね。
2人は同学年なのです。

翌年2012年春、川谷はバンド専念のため、大学院を中退。
その頃から交際を開始し、自然とA子さんのワンルームで同棲となったのです。

ワンルームに2人ははっきりいって狭いです。
若い2人じゃないと無理です。
そして間もなく2DKに引越しました。

交際から約2年が経った2014年4月にゲスはメジャーデビュー。
川谷の収入も増え、同年秋には3LDKマンションへ引越し、家賃も川谷が全額負担する様になったのです。

プロポーズは2014年クリスマス


2014年のクリスマスイブは、恵比寿ウェスティンホテルでディナーをしてから宿泊。
日付が25日に変わる瞬間にプロポーズ。

間に合わなかったので、プレゼントされた指輪ケースの中身が無い空状態だったのですが、A子さんは涙が止まらなかったのです。

結婚後、楽屋入りをやめる


ゲスの極みは、プロポーズ翌年の2015年4月の「私以外私じゃないの」のヒットで一躍メジャーになりました。
そしてA子さんは、自分の存在が世間にバレない様に、楽屋入りをやめます。

結婚報告をしなかったのは、川谷の考えなのです。
若い女性ファンが多いし「今は言わないで」との事でした。






ベッキーの出現


そして悪夢の日ともいえる、川谷とベッキーが初対面となる10月21日です。
ファン限定イベントで出会ってしまったのです。
これについては
川谷絵音とベッキーの不倫の経緯まとめ!嫁さんの事を友達呼ばわりとは…
を是非ご覧ください。

その時ベッキーが来ていたのを、A子さんは見ていました。
イベント終了後に川谷がベッキーと食事に行く時はきちんとA子さんに報告しましたし、他のスタッフ等も一緒だったので気にしませんでした。

ただ、その後11月からは週に1回程食事に行く事となり、頻度が多いと思ったそうです。

離婚を切り出された日


週刊文春1月14日号では、離婚を切り出したのは12月18日となっています。
これは
週刊文春が報じたベッキーと川谷絵音のLINE内容がヒドイ!離婚を促すやりとりも…
で記述した通りです。

しかし本当に離婚を切り出されたのは、約1ヶ月早い11月21日だったのです。
川谷が突然
1人になりたい。
離婚するしかないかな
と言いだしたのです。
2~3時間話し合ったのですが、全く話を聞いてくれなかったのです。
その時A子さんはベッキーの存在が頭をよぎったのでした。

川谷がサンミュージックに怒られる


ベッキーの会見があったのが1月6日。
翌日の7日には週刊文春が発売されました。

その日は川谷からA子さんへ沢山連絡がありましたが、A子さんはショックで電話に出る事もできませんでした。

しかし夕方思い切って川谷に電話すると
「(ベッキーの事務所)にこってり絞られた」
との事でした。

川谷とベッキーが2度と会わないのは嘘


そして川谷とベッキーは2度と会わないという事が報じられました。
しかしこれは条件付きなのです。

つまり離婚届を提出するまでは会わないというだけなのです。
世間が知らないだけで、2人は今も連絡を取り合っているのです。
卒論を出すまで位なら会えなくても我慢できるという事なのでしょう。

A子さんが気の毒


今回の文春の報道を読んでA子さんというのは
凄く思慮深い考えをされ、また甲斐甲斐しく尽くす方というのが垣間見えました。

決してヒステリックにならず、冷静に物事を考えるというのも分かりました。

現在A子さんは、憔悴しきって食事もろくに取れない状態です。
会見で憔悴しきってたベッキーの比ではないでしょう。

ネット上では、週刊文春にリークしたのは嫁さんだという意見が多いのですが、とんでもありません。
ここまでショックを受けているA子さんがその様な事をするわけがないと思います。







ゲスの極み乙女。 川谷絵音 ベッキー 関連記事




オススメ記事



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...