So-net無料ブログ作成
検索選択

高部あい妊娠中なので釈放された!お腹の子は2ヶ月半

逮捕され身柄を拘束されていた高部あい容疑者が、本日11月13日に釈放されました。

11月4日にコカイン使用容疑で再逮捕されたにもかかわらず、その日からカウントしてわずか10日で釈放となったのです。
普通に考えたら拘留期限の最大である20日間拘束するはずです。

それなのに何故わずか10日間での釈放となったのかという理由が衝撃的でした。

それは高部あい容疑者が妊娠中だったのです!






最初の逮捕時に妊娠が発覚した


10月15日に、自宅前にてコカイン所持容疑で最初の逮捕となりました。
その時の調査で妊娠1ヶ月半だというのが判明したのです。
つまり8月終盤から9月序盤の時期に妊娠したのですね。

そして前述の様に11月4日に、コカイン使用容疑で再逮捕されます。
これは20日間という最大拘留期限が切れる頃合を見計らって再逮捕したのが見え見えです。
そこからまた20日間拘留する事ができますので。

そうすれば合計40日もの間、たっぷりと取調べをする事が可能です。

しかし11月上旬ともなれば妊娠9週位となり、つわりの症状も出てきてつらい時期です。
そういう状態の高部あい容疑者に検察官が同情して、釈放という情状酌量になったのだと思います。

加えてあれだけの可愛らしいルックスを誇る高部あい容疑者です。
男性検察官が甘くなるのも仕方ないのかもしれません。






妊娠中のコカイン使用による胎児への影響


妊娠中にコカインを使用する事による胎児への影響には下記の様なものがあります。
  • 妊娠初期に使用すれば流産の可能性が上がる
  • 胎児の脳卒中
  • 胎児の脳の恒久的な損傷
  • 胎児の心臓発作

高部あい容疑者は、妊娠してからコカインを何度も使用しているのは間違いないでしょう。
もし出産するとなると、生まれてくる胎児には何らかの永久的な障害があるかもしれません。

逮捕された事によって妊娠1月半以降はコカインを使用していないので、ひょっとしたら影響が及ぶ可能性を最小限にとどめる事ができたかもしれません。
逮捕されてある意味幸いだったのです。

おそらく中絶するかと思いますが、もし出産するとなると、生まれてくる子供に将来何と言うのでしょうかね。
子供の健康のために最善を尽くすのが母親の使命というのを自覚していただきたいものです。

高部あいの出産時期については下記記事で述べられています。
高部あいの出産がいつか計算すると6月であり現在は中絶可能期間を過ぎたので産むしかない






高部あい 関連記事




オススメ記事



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...