So-net無料ブログ作成

旭化成建材 杭異常マンションのリストを10月中に発表すると声明


横浜市都筑区の大型マンション「パークィシティLaLa横浜」が「杭」に異常があったせいで傾いた問題で、
最終施工主の「旭化成建材」が、過去10年間に施工した物件のリストを10月中に発表すると報告しました。

旭化成建材は過去10年に、全国約3000棟ものマンションやビルの杭工事を行いました。

リストを公表するだけなら、すぐにでも公表できるでしょうけど、どういう振る舞いをするのが最善策なのかを全力で思案中と思われますので、なるべくリスト公表する時期を先に延ばしたいのでしょうね。

今自分が住んでいるマンションが該当物件かどうか心配の方には、早く報告してほしいものですね。






傾き問題があった横浜のマンション


こちらの画像 の様に、約2.5cm傾いています。

所在地 神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-13
総戸数 705戸
棟数 4棟
構造・建物階数 最大地上12階
傾いた棟 西棟(ウエストコート)
完成時期 2007年12月
売主 三井不動産レジデンシャル
明豊エンタープライズ
施工
(元請)
三井住友建設株式会社
施工
(2次下請)
旭化成株式会社の建材事業を担当する子会社である
旭化成建材株式会社
(杭問題発覚後に公表された)

2007年3月15日に隣接地に大規模ショッピング施設「ららぽーと横浜」がオープンしましたが、それと平行して建設されたいたのだと思います。

傾き問題発覚の経緯


昨年2014年9月に住民が、西棟と中央棟(センターコート)を繋ぐ渡り廊下の手すりにズレを発見しました。

売主の三井不動産レジデンシャルに連絡した結果
東日本大震災の影響なので問題ありません
と回答したそうです。

しかしマンションの管理組合が同年11月に再度同社に調査を求めた結果、翌年2015年3月に最大2cmのズレがある事が分かったのです。

そして7月下旬に、後述する杭が支持層に届いていないのが発覚しました。






2つのデータ改ざん


旭化成建材が行ったデータ改ざんには、2種類があります。

杭の改ざん


調査の結果、西棟を支える52本の杭のうち、
  • 6本が支持層(強固な地盤)に達していない
  • 2本が支持層に十分差し込まれていない
と、8本に不具合があった事が判明しました。

にもかかわらず、データを改ざんして偽装したのです。

セメント量の改ざん


基礎となる杭と地盤となる土の間に隙間があると、当然ながら杭としての役割を果たさなくなります。
グラグラするわけですからね。

それを防ぐために、杭と土の間にセメントを流し込みます。
こう言うと、杭を打った後にセメント流すイメージがありますが、そうではありません。

正確に言うと、杭を打ち込む前にドリルで地盤に穴を開け、先にセメントを流し込みます。
その後に、その穴に杭を打ち込むのです。

そのセメントの量にも改ざんがあったのです。
つまり本来必要なセメント量より少なくしか使わなかったのに、通常通りの量を使用したと改ざんしたのでしょう。

窮地をチャンスととらえる


今回の様な改ざんはあってはならない事です。
三井住友建設の株価もストップ安となるほど、暴落しています。

しかしこういう時こそ誠意を持って対応すれば、好機となるのです。
失礼ながら弱小建設だと、こういった不具合があった時には、もう倒産して存在しないという可能性もあります。

住友グループの力をもってすれば、誠意のある対応は十分可能なはずです。
そうする事によって、
「やはり住友から購入すれば後々安心だ」
と安心感を持って購入してくれる人が増えるはずです。

にパナソニックが遥か昔に販売した電熱製品に不具合が見つかり、
日本中の全世帯に無料回収のハガキを送付した事があります。
これは確か2004年の話だったと記憶しています。

古過ぎる製品ゆえ、何か不具合があったとしても、どの消費者も自腹で新しいのを購入しようと思うはずです。
にもかかわらず、パナソニック(当時は松下電器)はその様な対応をしてくたのです。

その時は松下電器の株が急上昇しました。
さすが松下、安心できる、といった評価だったのでしょう。

それを見習い、誠意ある対応を望みます。






旭化成建材 関連記事




オススメ記事



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。