So-net無料ブログ作成

仁科亜季子の息子 仁科克基が離婚!嫁は多岐川華子

仁科亜季子の息子 仁科克基さんが、
嫁の多岐川華子さんと、2012年10月22日に離婚していました。

大物タレントの2世同士の2人は、2010年10月5日に結婚したのですが、わずか2年ちょっとのスピード離婚となったのです。

しかしとにかく親が大物タレントなので、親族の関係性が華やかです。
分かりやすく図にしてみました。


仁科克基さんは
  • 父親が松方弘樹
  • 母親が仁科亜季子
  • 妹が仁科仁美

対する多岐川華子さんは、母親があの大物女優多岐川裕美さんです。

そんな親を持つ2人はどういう理由で離婚となったのでしょうか?






性格の不一致とすれ違い


離婚の3ヶ月前の7月の段階で、既に別居していました。
そしてお互いの母親である仁科亜季子と多岐川裕美を含めた両家で話し合いを行ったそうです。

さすが2世同士、当人達だけでの話し合いでなく親が出てくるのですね。
2世の場合は親の七光りが強大なので、親の言う事を聞かざるを得ないのでしょうね。
というか世の2代目を見るに、親を圧倒的に頼っている場合が多いと思います。

2人の間に亀裂が入りだしたのは、結婚から約1年後の2011年末からです。
ささいな事から喧嘩になり、それ以降は互いに忙しくてすれ違い生活に陥りました。
そうなると、それまでお互いが抱えていた不満が関を切った様にぶちまけるというものです。

親を含めた話し合いの結果、関係修復は無理と判断し、離婚になったのです。

仁科克基と多岐川華子の馴れ初めは?


2003年夏に公開された舞台「風のなごり」で
多岐川裕美(母親の方ね)と仁科克基が共演しました。
それを多岐川華子(嫁の方ね)が観劇し、3人で食事をしたのが馴れ初めでした。

その時は
  • 仁科克基が20歳
  • 多岐川華子が14歳(中3)
でした。

そして2008年冬に友人を介しての食事で再会するのです。
この時多岐川華子は20歳になっています。
多岐川裕美の娘ですから、それはそれは綺麗になっていた事でしょう。
仁科克基はおそらく一目惚れしたことでしょう。

そこからグループ交際を経て「押し」の一手で付き合いが開始されました。
華子は決して乗り気ではなかったのですが、翌2009円8月に体調を崩して静養していた時に、克基が励ましてくれたのがきっかけで2人で会う機会が多くなったそうです。






病気時がきっかけで結婚した場合は必ず離婚する?


病気時に励ました事によってお互いの距離が縮まり、結婚にいたったわけです。
何やら遥か昔に似た様なケースがあったな、とデジャブ感が起こりました。

松田聖子が神田正輝と付き合う様になったのも、体調不良の時に寝ないで看病してくれた事がきっかけだったのです。

体や気力が弱っている時にそういった優しさをかけてくれると気持ちが揺らぐのは、古今東西鉄板といってよいでしょう。

しかし、松田聖子と神田正輝も結局は離婚しました。
そして今回仁科克基と多岐川華子も離婚となったのです。

これらから考察するに、弱っている時がきっかけで付き合った場合は、決して長くは続かないといってよいかもしれませんね。
看病してくれたら、たいがいの場合は相手の事を好きになります。

しかし根本的にお互いの性格が合っているわけではないので
「性格の不一致」
という、いまいち理解不能な離婚理由となるのです。

はたから見れば
「性格が一致したから結婚したのだろう?」
と思っていますからね。

まだ未婚の私ですが、参考にしたいと思います。
しかしそういったシチュエーションが来る日はあるのでしょうか?^^







コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。